1.25 home home home...
c0103049_9205724.jpg

c0103049_9212367.jpg

<参照:住まいの設計より>

今日は、しゅうが泊り勤務。。
レオも、午前中、お友達のおうちに遊びにいってからずっと上機嫌で、1人ごにょごにょ鼻歌まじりで遊んでるので、家のことを定規片手に(しかもメジャーがなぜか見つからず、ながーい手芸用の木のものさし)膨大に積み重ねてある雑誌をめくり、実施設計図とにらめっこ。。。

数日前に頭の中がぐるんぐるんしてたのは、実は次の日、翌々日あたりには、しゅうと話していくうちに、霧は晴れていっている感じでした。

一瞬でもお掃除の楽さに目がくらんでいた自分がちょいと恥ずかしい。。

いつもそうだけど、いったん決まりかけたことでも(or 決まったことでも(爆) ) 「いや、まった」と思いなおせるしゅうのおかげだ。もう、なんでまたひっくりかえすん?ってひっくりかえったときは思うけどね(笑)

私自身が優柔不断なところもあって、それで悩みまくるということも多いのだけれど、でも、ものすごーく、どうしよう、どっちの方がいいんだろうって、ぐぐぐーって悩んでるときに、私の場合、過去に見て、「あ、このおうちいい」って印象に残っている雑誌のお家に助けてもらうことも多い。

今回は、上の画像のおうちが、ずいぶんと、霧をはらしてくれました。
実際にお礼は言えないけれど、本当にありがとうといった気持ちです。

上の画像のキッチンは、我が家のキッチンの作りと似ていることに加えて、木をまわしこんでいるのも一緒だったし、ダイニングの上にPH5がたれてるのまで一緒で、見たとき二人して「うおおおお、うちらの家もこんな感じになるんやない?」って嬉しくなった家でした。しかも、ぱっと見たときの印象が本当にいいなあって素直に思えて・・・・しかも、珍しく二人の意見も一致だった。

月日がたって、この雑誌も、我が家の膨大な雑誌の山に埋もれてしまって、最近は全くみていなかったのだけど、ここ数日、ありとあらゆる雑誌のキッチン部分ばかりを見ていたら久しぶりに目がとまって。

やっぱり、これが私達の目指したい感じだったよね。

もちろん、人工大理石でも本当にかっこいいんですよ。。
お掃除もしやすいだろうし、メンテもよさそうだし。

例えば↓
c0103049_17475474.jpg

とか
c0103049_1748770.jpg


でも、しゅうの一言
「 俺、どうしても、人工大理石の方(特に、黒の大理石)のキッチンに、みゆがたってるのが想像できん」と。

はっとして、自分も想像するけれど、確かに。。。

まあ、それはさておき、やっぱり一番上の雑誌のお家を見たことで、初心にもどったのです。目指すのは、木のあたたかみのあるダイニングですね。

あとは、段差を設けると、ちょっとかっこよくならなそうとのことで
段差を設けずフラットにするか。。。(といっても、7センチしかもともと段差は設けてなかったのですが)

フラットにすると、少しでも、水はねが及ぶ木の部分を減らしたいので、ステンの部分を広げてみようかと思ったり。

ただ、我が家の場合、ステンレス部分を広げると、廊下側の収納部分の奥行きもおされて、減るので、もう、本当に1mの木尺を片手に、あっちへうろうろこっちへうろうろ、はかりまくってました。

レオも、「なん、しよう~と~~」って不思議そうに聞いてましたが。。。

そういうわけで、少しずつ固まってきつつあります。

一応、期限は今週の日曜日。

他にも数点考えることもあるので、あと数日、頭の中は、「家、家、家」になりそうです。
[PR]
by funwarifuwan | 2007-01-26 09:39


<< 1/29 キッチン回答だしました  1.20 大宰府天満宮&九州国... >>